脳内出血の後遺症で認知症に。自分のできることがだんだん減るのがつらいですね

私の父は74歳のとき、近くのスーパーで脳内出血を起こして倒れました。
もともと心房細動の持病があり、脳の病気を予防するために、血圧を下げる薬とのんでいました。

しかし1日3回のまなくてはならないのにうっかり忘れたりすることもあり、病院の先生からは家族の人がのんだかどうかしっかり調べるように言われていました。

そうはいっても家族も働いていたり、それぞれ自分の生活があり父親が薬をのんだかどうか、しっかり薬の管理ができていませんでした。

5月の日曜日、突然、搬送先の救急病院から電話があり2週間ほど入院。

病院でできることはなくなり、あとは自宅に戻って、みまもり=介護について施設などと相談してくれと説明されました。

このときは知らなかったのですが、脳内出血の後遺症で脳血管性認知症という病気があり、認知症が段階的にひどくなっていくことがあるというのです。

思い起こせば父ですが、74歳までたまにぼけてお店に財布を忘れてきたりということはありました。が、趣味が株式投資で、毎日ラジオで株の番組を聴いているほどだったので、ぼけ、という言葉が全然連想されませんでした。

それがこの病気によって倒れたことにより、父は年単位で体の状態が悪くなっていきました。

まずは市役所の福祉課に行き、うちは家族が仕事をしていて母しか父の面倒が見られないということで、小規模多機能の施設を薦められました。

ここは認知症の人がデイサービスで利用できる施設で、まだ自分で歩けたり、ご飯が食べられる父は週に5回ほど施設に出掛けるようになりました。

かわいらしいヘルパーさんが迎えに来るとあって、最初は自分で鏡を見て髪をといたり、ひげをそりたいと身だしなみを気にしていた父親でした。

しかし1年たち、2年たち、だんだん認知症が進行していくにあたって、ヘルパーさんに暴力を振るったり、デイサービスへ行くのをいやがったりするようになりました。

さらに症状が進行すると、トイレの場所が分からなくなりました。

最初はトイレまで走っていくのですが、間に合わなくて、部屋の中で大便や小便をしてしまいました。

ノコギリヤシサプリの効能効果なども調べました。

父親の部屋は12畳あるのですが、半年に1度畳を変えなければ汚物の匂いや、こびりつきがとれず家の中がとんでもないことになりました。

本人もそのたびに家族にしかられるので、しらず知らずのうちに認知症の症状が進行してしまっていたのかもしれません。

認知症でもできる能力はできるだけ生かしてあげなければいけないのですが、汚物の処理について家族はとても悩まされました。

本人がしんどいので、本当は早めにオムツをかえてあげなければいけないのですが・・・。

認知症でつらいのはできることが、だんだん減っていくことを見ていることです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>