脳内出血の後遺症で認知症に。自分のできることがだんだん減るのがつらいですね

私の父は74歳のとき、近くのスーパーで脳内出血を起こして倒れました。
もともと心房細動の持病があり、脳の病気を予防するために、血圧を下げる薬とのんでいました。

しかし1日3回のまなくてはならないのにうっかり忘れたりすることもあり、病院の先生からは家族の人がのんだかどうかしっかり調べるように言われていました。

そうはいっても家族も働いていたり、それぞれ自分の生活があり父親が薬をのんだかどうか、しっかり薬の管理ができていませんでした。

5月の日曜日、突然、搬送先の救急病院から電話があり2週間ほど入院。

病院でできることはなくなり、あとは自宅に戻って、みまもり=介護について施設などと相談してくれと説明されました。

このときは知らなかったのですが、脳内出血の後遺症で脳血管性認知症という病気があり、認知症が段階的にひどくなっていくことがあるというのです。

思い起こせば父ですが、74歳までたまにぼけてお店に財布を忘れてきたりということはありました。が、趣味が株式投資で、毎日ラジオで株の番組を聴いているほどだったので、ぼけ、という言葉が全然連想されませんでした。

それがこの病気によって倒れたことにより、父は年単位で体の状態が悪くなっていきました。

まずは市役所の福祉課に行き、うちは家族が仕事をしていて母しか父の面倒が見られないということで、小規模多機能の施設を薦められました。

ここは認知症の人がデイサービスで利用できる施設で、まだ自分で歩けたり、ご飯が食べられる父は週に5回ほど施設に出掛けるようになりました。

かわいらしいヘルパーさんが迎えに来るとあって、最初は自分で鏡を見て髪をといたり、ひげをそりたいと身だしなみを気にしていた父親でした。

しかし1年たち、2年たち、だんだん認知症が進行していくにあたって、ヘルパーさんに暴力を振るったり、デイサービスへ行くのをいやがったりするようになりました。

さらに症状が進行すると、トイレの場所が分からなくなりました。

最初はトイレまで走っていくのですが、間に合わなくて、部屋の中で大便や小便をしてしまいました。

ノコギリヤシサプリの効能効果なども調べました。

父親の部屋は12畳あるのですが、半年に1度畳を変えなければ汚物の匂いや、こびりつきがとれず家の中がとんでもないことになりました。

本人もそのたびに家族にしかられるので、しらず知らずのうちに認知症の症状が進行してしまっていたのかもしれません。

認知症でもできる能力はできるだけ生かしてあげなければいけないのですが、汚物の処理について家族はとても悩まされました。

本人がしんどいので、本当は早めにオムツをかえてあげなければいけないのですが・・・。

認知症でつらいのはできることが、だんだん減っていくことを見ていることです。

見聞きしてきた痴呆と自由に徘徊させるという逆説

数年前、父が要介護状態となり、特養ホームに入ることが難しかったためデイサービスを利用していました。
幸い父は痴呆とうことはありませんでしたが、利用会社が自動車で送迎してくれる折には、痴呆の高齢女性が一緒でした。
絶えず後部座席で意味不明な言動を繰り返し、下りてしまわないように送迎車は絶えず注意していたようです。

又、数年前に特養老人ホームへの見学を兼ねて入居申込書を出しに行った折、入り口から入るのは簡単でしたが帰る時に扉のボタンを押してもドアが飽きません。
まごついていると、職員の方がきてくれ、痴呆の徘徊老人が勝手に出ていけないように、内側からの開閉ボタンには2箇所幼いと開かないというものでした。
預かっている側からとすれば、行方不明となると責任問題が発生するため、色々と工夫をしているものだと思わされるものでした。

そんな矢先、知人の母親にも痴呆を持つものが出始めたようです。
私が父の介護をやっていたということもあってか、母親にアルツハイマー型の痴呆が出ていると言われたといいます。
年々その度合はひどくなり、ある時にベッドの場所を移動した折に、通帳がない印鑑が無いと騒ぎ出したといいます。
更に、フラフラと出歩きはじめ、注意していないと外に出て行ってしまうのだそうです。

デイサービスには出しているようですが、介護保険では賄いきれず毎日というわけにも生きません。
奥さんがそんな時には家で母親を見ているのだといいますが、どこかへでてゆかないかと気が休まる日がないといいます。

以前に、介護で一番大変なのが体が動く痴呆老人で、介護者の気が休まる時もなく、悪態や泥棒扱い、暴力を振るわれる事もあり介護者のストレスも高いといいます。
更に、攻撃性があったり悪態を付くようになると預かる介護施設でも問題となり、長く続かずにケアマネージャー泣かせだといいます。
知人の家でも家に閉じ込めている状態で、母親もストレスが溜まってきているのか時折暴言が見られるのだといいます。

少し前の事、痴呆の母親を一人で見ている女性のドキュメンタリーがありました。
痴呆徘徊癖のある母親が余りに外に行きたがるので、どうにでもなれと開き直りって母親の自由にさせて、後ろからついて歩いたのだといいます。
近所の耳目には入ってしまう事になりますが、かえって知ってもらったほうが何か合った時には皆が対処してくれ、これにより母親の暴言や暴力も低減したといいます。
この話を知人に話したのですが少し考えていたようです。

それでも、道路事情や街の状況にもよりますが、痴呆老人のストレス解消を考えてやる時代なのかもしれません。